3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


生徒が「BrainsGym(ブレインズジム)で働きたい!」と。

生徒が「BrainsGym(ブレインズジム)で働きたい!」と。
BrainsGym(ブレインズジム)

朝妻 直樹さん インタビュー講師 BrainsGym(ブレインズジム)大通本校

INDEX
  1. なぜBrainsGym(ブレインズジム)で講師をはじめましたか。
  2. この仕事をしていてよかったこと。
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜBrainsGym(ブレインズジム)で講師をはじめましたか。

朝妻さん : BrainsGym(ブレインズジム)で働いていた友人に誘われたのがきっかけです。元々教育関係の仕事にも興味があったので、それならやってみようかなと思って応募しました。


この仕事をしていてよかったこと。

朝妻さん : 実際に働いてみて、自分で仕事を見つけて動くことができる、ということがすごく楽しいことなのだと気づきました。生徒と一緒に目標を達成していくことはもちろん、社員さんと関わる機会が多いので、教室の運営としても考えたり携われたりすることが本当に勉強になります。


仕事をしていて嬉しかったことは?

朝妻さん : 生徒が第一志望校に合格したことはもちろんなのですが、それ以上に合格した生徒が「BrainsGym(ブレインズジム)で働きたい!」といって講師として戻ってきてくれたことが本当に嬉しいです。長く勤めているからこそそういう経験ができたんだなと実感しています。


厳しかったこと、大変だったことは?

朝妻さん : 長く勤めたことで、生徒にもっと満足してもらうために、「教室全体をもっと良い教室にするにはどうしたらいいか」とか、「先生たちがレベルアップするにはどうしたらいいか」などと考えるようになりました。その中で何かをやろうとしたときに全員の意識を同じ方向に向けるということが一番大変だと思いました。社員さんと一緒に研修の内容を考えたり、一人ひとりと生徒のことについて深く話したり…。でもBrainsGym(ブレインズジム)で働くみんなの意識の底には「生徒たちの将来のために」という気持ちがあるから、とにかく話し合うことでお互いの考えや気持ちが分かりあえて、勤務にも生かすことができています。




カテゴリーアーカイブ